当法人について

医療法人藤仁会について

医療法人藤仁会について

これまでも、そしてこれからも。わたしたちは『地域に根ざした医療』を展開していきます。

藤村病院で急性期の治療を終了した後でも、退院後在宅での生活が困難な患者さまに対し、グループホーム・小規模多機能施設、介護老人保健施設等に入所していただきリハビリを中心とした在宅復帰の支援をしてまいります。更にその後も在宅サービスセンターにてケアし、安心して日常生活を送れるようサポートしてまいります。また、最近増加傾向にある癌難民に対応すべく藤村病院、老健施設、訪問看護が連携して癌患者さまの疼痛管理・化学療法・ターミナルケアなどを積極的に行っており、他施設で受け入れ困難な患者さまも積極的に受け入れております。

 

医療法人藤仁会の「理念」

理念
地域にやさしい「安心・信頼」の医療と介護

基本方針

・地域の皆様に親しまれると共に、個人の権利を尊重し信頼される質の高い医療・介護サービスを目指します。
・保健・医療・福祉を通じ地域に貢献します。
・地域の医療と介護の一体化を目指します。
・職員の自主性と協調性を重んじ、法人に働く誇りと喜びを共に出来る施設を目指します。
・健全な経営の確保に努めます

 

医療法人藤仁会の「沿革」
明治19年 6月 初代院長 藤村 悠重 藤村医院開設
大正1年 新医院落成
昭和19年 3月 2代目院長 藤村 茂 継承
昭和43年 1月 藤村医院改築(10床)
藤村 秀 副院長就任
昭和49年 2月 藤村外科医院開設
3代目院長 藤村 秀 継承
昭和51年 7月 藤村病院に改称 増改築 (36床)
昭和55年 11月 医療法人藤村病院開設
昭和61年 8月 医療法人藤仁会と改称
平成元年 9月 新病院落成 (119床、HCU2床)
平成5年 2月 訪問看護ステーション「ふれあいあげお」開設
平成6年 4月 藤村病院 附属 健康管理センター開設
平成9年 7月 在宅介護支援センター開設
平成9年 9月 別館開業(訪問看護ステーション、在宅介護支援センター
リハビリテーションセンター、法人事務局、更衣室、物品庫)
平成11年 8月 指定居宅介護支援事業所開設
平成15年 4月 4代目院長 廖 英和 継承
平成16年 2月 介護老人保健施設 ふれあいの郷あげお 開設
平成16年 4月 託児所ベビーホームふれあい開設
平成18年 4月 上尾市上尾南地域包括支援センター開設
平成18年 10月 5代目院長 藤村 作 継承
平成19年 8月 小規模多機能型居宅介護事業所
認知症対応型共同生活介護事業所
藤の郷あげお開設
平成20年 3月 療養病棟開設 (26床)
一般病棟減床 (76床)